裁量取引と自動売買はどっちがいい?

裁量取引と自動売買はどっちがいい?

株(ネットでのトレードが主流となっていますね)やFX(1998年の外国為替法改正をきっかけに誕生し、ブームになりました)取引を行う時によく耳にするのが、「裁量取引と自動売買取引では、どちらが利益を出す事が出来るのか」です。
それはもちろん、日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)取引にも言えることとされているのです。
それでは、実際の日経225取引において、裁量取引と自動売買取引のどちらに軍配があがるのでしょうか?その前に、裁量取引と自動売買取引の違いを説明したいと思います。
裁量取引とは、投資家(ウォーレン・バフェット、竹田和平、澤上篤人、ジョージ・ソロス、ジム・ロジャースなどが有名ですね)自身が現在の経済情勢や需給動向といったファンダメンタルズ分析を行って、同時にテクニカル分析からも情報を集めて、その時の状況によっては自身が判断して売買を行う事です。
その方の考えによって判断したタイミングで売買を行う為、常時安定した取引はなかなか難しいといってもいいのでしょう。
次に、自動売買取引とは、システムトレード(今までにない事態が起こると対処できないという欠点もあります)みたいなもので、過去のデータに基づいた自動的に売買を繰り返していく取引です。
そこには統計(調査総?が少ない、正直に回答していないなど、正確性に欠けることもよくあります)データしかなく、個人の感情(これをこめて歌うと、上手に聞こえることが多いでしょう)は一切含まれないでしょう。
利益を得るチャンス(ここぞという時に十分に活かすためには、常日頃の努力や準備が大切です)を逃す事も殆どないのですが、反対に損失が拡大していても気がつかないこともありますね。
日経225(ミニができてからは、ミニに対して「ラージ」と呼ねれることもあるようです)取引では、裁量取引を行っている個人投資家(近年では、ネットトレーダーなども増えていますね)が9割近くいらっしゃるかもしれませんね。
けれど、その方たち全部が利益を出している訳ではありません。
反対に、日経225(今から40年以上前に、日本経済新聞社が東京証券取引所から、その算出や公表を引き継いだのだとか)取引を運用しているプロには、自動売買取引を利用している方が多いはずです。
つまり、心理戦といった点も考慮すると、余った感情(これをこめて歌うと、上手に聞こえることが多いでしょう)に流されない自動売買取引の方が有利であるののです