日経225の特徴

日経225の特徴

株式投資をされている方であれば、日経225という言葉を耳にしたことがあるでしょう。しかし、この日経225というものは、一体何を表しているものなのでしょうか。
日経225は、株価指数を表しているものですが、全ての企業ではなく、225社に絞っているものです。もちろん、日経225で表される企業は、東証一部上場企業に限られています。
実は、この日経225は初めて先物取引を始める方は知っておいた方が良いかも知れません。それは、この株価指数をベースにした「日経225先物」で、擬似的な株式投資を行うことができるからなのです。
日経225先物の特徴は、取引期限月が定められており、時期を迎えると強制売買が発生します。これは、一般的な株式投資とは異なる特徴であり、期限月を迎えて決済していなくても安心の取引方法です。
さらには、株券がないので、買い付け代金を用意しなくても取引ができてしまいます。一般的な先物取引の場合は、将来を見据えた売買価格を決めておき、期日を迎えた時に代金を支払うというシステムです。
そして、日経225ならば動向を掴みやすいという特徴もあります。これは、225社に絞り込まれていることで掴みやすくなっているので、たくさんの銘柄に迷わされることがありません。