頚椎症にいい体操ってどうやるの?

頚椎症にいい体操ってどうやるの?

頚椎症に良い体操というのは、主に予防のための体操(リズムや音楽などに合わせて、色々なポーズをとる運動をいいます)と、痛みが発症してからの体操(リズムや音楽などに合わせて、色々なポーズをとる運動をいいます)に分かれるようです。

頚椎症は、様々な要因の影響を受けて、少しずつ進行していく病気です。

ですから、まだ痛みがでないうちに、もしくは症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)がひどくならないうちから、軽い体操などで予防していく事を考えた方がいいでしょう。

頚椎症の体操は、激しいものや、首に負担のかかるものは逆効果になりますので、できる範囲でちょっとずつ行うようになさってください。

ポイントとしては、急にたくさん行うのではなく、時間も短くて良いですし、体操もシンプルなものでいいので、定期的に続けることを心がけてください。

あおむけになったり、横になって行う体操(ナントカ体操がブームになることが多いですね。 すぐに廃れてしまいますが)を多くみかけますから、寝る前などの多少の時間に行う習慣をつけるといいでしょう。

ただし、間違えた方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)で体操(最近では、マルモ体操やグルコサミン体操などがブームになっているようです)をすれね、かえって症状を悪化させてしまう恐れがあるみたいです。

自己流や、サイトで見つけた体操(日本で一番有名なのはラジオ体操でしょう。 真剣に毎日やると健康の維持に役立つそうですよ)をするんじゃなくて、かかりつけ医や整体(骨格の歪みやズレを矯正することで、体調不良や不快な症状を改善しようとするものです)師など、専門の人の助言を受けて行うようになさってください