不妊治療は副作用が出ることがある?

不妊治療は副作用が出ることがある?

不妊治療(排卵誘発剤を使用することもあります)には副作用があるので、治療をする前にちゃんと理解しておくといいですね。

副作用が起こりがちな不妊治療は、大別すると二つあるのですよ。

・排卵誘発剤
・HMG(FSH)−HCG療法

排卵誘発剤は、不妊治療(冷え性の改善が良いとされますが、男性が熱すぎるお風呂に入るのは良くないようです)でよく使用されますが、その排卵誘発剤の中でも最も多く使われているのが、「クロミッド」という薬です。

このクロミッドを服用する事で、妊娠確率(可能性が低いのに起こると、奇跡、ミラクルなんていいますよね)が30パーセントほどになってしまうといわれています。

しかし、クロミッドを飲み継続して、子宮内膜や頸管粘液に影響を及ぼし、逆に妊娠しにくい体質を作ってしまう危険もあります。

そのために、クロミッドを服用する際は、お医者さんの指示に必ず従いて下さい。 妊娠したら気をつけなくてはいけないことについてはこちらにまとめられています。 肌のお手入れや抜け毛予防だけでなく、病院の看護師の求人の探し方についてもまとめられています。

また、注射により卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンを活発にさせるHMG(FSH)−HCG療法も不妊治療として頻繁におこなわれています。

HMG(FSH)−HCG療法の副作用は、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の発症です。

卵巣過剰刺激症候群の症状が酷い場合は、卵巣が大きく腫れてしまい、腹水が溜まる可能性もあります。