人工授精は必ず着床するとは限らない?

人工授精は必ず着床するとは限らない?

人工授精は必ず着床するとは限りません。

そもそも人工授精とは、人工的に妊娠を促すための処置のことを指しますが、人工授精の成功率は100%中高くても20%に満たないほどです。

つまり、10人中2人しか人工授精が成功しないという確率を表しており、100%の成功率を誇るような医療法ではないのです。

人工授精によって健康で活発な精子を女性の子宮へと導くのが人工授精の主な役割ですが、いくらクリニック側が行っても、結局はその精子と卵子が体内で受精しなければ成功したとはいえません。

人工授精を行ったことのある人でも、最初の1回で受精し、妊娠できたという人もいれば、10回以上人工授精を行っても未だ妊娠していないという人もいるのが現状なのです。

着床するのにも、排卵時期などによって着床しやすさに若干の変動がありますから、人工授精するタイミングも重要だといえるのかもしれません。

これらのことから、人工授精は必ず着床するとは限らないといえます。