株のるいとうって何?

株のるいとうって何?

株(ネットでのトレードが主流となっていますね)投資を始めようと思ったとしても、欲しい銘柄(初心者のうちは、買ったつもりでシュミレーションするのもいいかもしれませんね)の株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)は高くて買えないと思っていらっしゃる方にオススメなのが、「るいとう」です。
けれど、るいとうというのは一体何?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)のるいとうとは、「株(昔からある投資法の一つですね。
バブルの頃にはブームにもなりました)式累積(るいとう)投資」の事で、1万円前後の資金で株を購入しいく仕組みを指します。
具体的に言うと、自分がほしい銘柄(激動の世の中ですから、これまでの優良株がこれからもそうだとは限りません)の株を選択し、その株を月々一定額分、決められた日に購入しますのです。
通常の株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)投資の場合は、単元(?学や理科で特によく使われる表現かもしれません)ごとに株を購入する必要がありますので、手元にまとまった資金が必要になります。
でも、このるいとうであれば、月々10000円以上1000円単位で買う事ができる為、無理をする事なく欲しかった銘柄(イメージではなく、経営状態などをきちんと確認し、分析する必要があるでしょう)の株(ネットでのトレードが主流となっていますね)を購入することが出来るようになるのです。
しかも、毎月決められた一定の金額で株を買う為、株価が安くてなっている時にはよりたくさんある株(ネットでのトレードが主流となっていますね)が取得できるようになっています。
反対に、株価が高くなっている時には少ない株しか取得不可能だというわけです。
つまり、毎月決まった枚数を買い続けるよりも平均の取得単価を下げる働きがあるのです。
これは、ドルコスト平均法とも呼ばれていて、リスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)軽減に力を発揮します。
るいとうで株(ネットでのトレードが主流となっていますね)を買ってた場合は、配当や株主優待(予め決められた日に株を所有していないと受けられません)についてどうなるか疑問になるんです。
配当金(その株式会社によっていくらなのかは違いますし、その年にもよるでしょう)は持ち株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)数に応じた金額が配分されて再投資され、株主優待(特に設けていない株式会社もあれね、自社のサービスではない優待内容の株式会社もあるでしょう)は換金できるものであれば換金して配分し、再投資が行われます。
そして、購入枚数が単元(?学や理科で特によく使われる表現かもしれません)枚数に達した時点で晴れて株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)主となり、通常通りの配当金や株主優待が受けられるようと呼ねれています